冬こそMTB

先週の土曜日(1/13)もMTBの学校でした。今回も雑多な内容となりました。

この日の朝は冷え込んだので、霜柱や氷がコースのいたる所にありました。
そうなると、当然こうなります。
s_DSC7945.jpg
 
s_DSC7953.jpg
レースを意識したスクールだと「そんなところ通ったら、減速するから避けろ」になるのでしょうか。我々のスクールではおそらく真逆?講師が自ら氷に突っ込んでいきます。そして叫びます「うひょーい!」って 笑

氷や水たまりを避けて走るのはレースとして定石かもしれません。でもそれは、そこに突っ込むとどうなるかを知っている人の経験からくるアドバイス。先回りをしてアドバイスしてしまうと、子どもが自ら体験し、考え、実行に移す能力を奪うことになりかねません。

なので、自ら氷に突っ込んで、楽しいことを猛アピール。笑
次の氷を見つけたときには、「こんどは自分が行くから、割らんといて!」と懇願されました。

それ以外にも、こういう走りを見た後は
s_DSC7970.jpg

こうしてみても良いし、
s_DSC7977.jpg

コース整備で木を倒すのも手伝ってみればいいし、
s_DSC8022.jpg

倒すまでの準備中は、大縄跳びしたって良いわけです。
s_DSC8013.jpg
「ヘルメットかぶっているので、縄があたっても痛くなかった!」だそうです 笑

未就学児もお手伝い。
s_DSC7996.jpg
ぬかるんでいる路面で、靴底をグリップさせる感覚を感じているかもしれません。ひょっとしたら、これが足裏感覚のコントロールに繋がり、他のスポーツに役立つかもしれません。

子どもは野原に放って、好きに遊ばせれば良いと思います。
MTBはそのきっかけを作り、行動半径を大きく広げてくれるツールとして、かなり良い線いってると思います。(自画自賛 笑)
スポンサーサイト

新春ライド!

気がつけば今年も5日目。本当にあっという間ですね。
さらに、気がつけば当ブログも11年目に突入しました。これからもよろしくお願いいたします。
ということで2018もスタートなわけですが、今年はタイミングよく1/3の新春ライドに参加させていただきました!

26165688_1525390437537611_4140289119344089186_n.jpg
集まりに集まった20名のMTB愛好家。

今回は地元有志の皆さんが整備されているトレイルを走らせていただきました。

26172226_1525413680868620_5545405556050702020_o.jpg
SFMcrewは安定のnotレーシングウェア。そして全員フラペ。

途中、ガンガン吹雪いて来るというハプニング?にも見舞われましたが、トレイルを走れば絶好調!
26173833_1525413477535307_8926044012008652875_o.jpg

IMG_20180103_104706.jpg
ガンガン攻めて走るのも楽しいですが、みんなでワイワイ言いながら走るのもまた楽し。

ハッシュタグ #トレイル天国みえ で検索してみてくださいね~

キッズMTBサマーキャンプへ!

今週末はキッズMTBサマーキャンプが白馬で開催されますね。
公式サイト

今年はSFMでやっているMTBの学校受講生も参加しています。
私も8/5-6は会場に居ますので、見かけたらお気軽にお声がけください。

その出発前に、参加する子のバイクを整備っ! キッズバイクだからといって手は抜きません。
sDP2M1111.jpg

同じ画像のトリミングです。これぐらいきれいになります。
sDP2M1111-2.jpg

洗車すると、その人の癖がよくわかります。この子はちょっとトップギアを使いすぎかな。
きれいになったバイクで、思いっきり楽しんできてください!

マウンテンバイクの学校 やってますよ~

まちづくりプロジェクトのブログでもアップされているので、コチラでは西井の主観でつっこんだ内容を書きます。

今回のテーマは「真っ直ぐ走る」こと。
極めてシンプルなこのテーマ、みなさん本当に真っ直ぐ走れていますか?
真っ直ぐ走るをもうすこし分解してみると、軌道のぶれを極限まで小さくして、見かけ上「振れていないように見える状態」と言えます。この振幅の幅が小さければ小さいほど、ピターっと真っ直ぐ走っているようにみえるということですね。

で、この「真っ直ぐ走る技術」(これも技術です)を、何年か前に企業と一緒に研究したことがあるんですが、上級者と初級者ではバイクコントロールの方法が全く違うんです。守秘義務があるので詳しいことは言えませんが、決定的に違いがあります。

私たちのプログラムでは、その違いを体得できるような取り組みをしています。
sIMG_2060.jpg

この中にも多くのヒントがありますが・・・
それは来てのお楽しみ!

そして、いよいよ大人のプログラムも始動します。
こちらはロードも対象にしています。
すでにトライアスロンチームと提携して、動き出しています。

上手い = 速い
速い ≠ 上手い

「本当はできるけど、今はやらない」のと、「そもそも、できない」は全く次元が違います。
みなさん、いっしょに「できる」ようになりませんか?

大人向けプログラムの発表まで、いましばらくお待ちください~

マウンテンバイクの学校 新学期スタート!

公式ブログでもご案内しておりますが、マウンテンバイクの学校2017はついに通年開催となりました!

ということで、こちらのブログでもご案内します!

MTBの学校2017チラシrevised

お申し込みも、フォームからできるようになりました~
マウンテンバイクの学校2017申し込みフォーム

みなさんのご参加、お待ちしております!!
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター