東ドイツに学ぶ

今回は午前にMTBの学校、午後から名古屋の大忙しDAYでした!

MTBの学校の様子は公式ブログに書いてあるのでそちらをご覧いただくとして、こちらはB面的要素を少し書きます。
(A面、B面という表現がもはや死語ですね・・・)

_DSC7010.jpg
それにしても、良い季節だ~

MTBの学校ではもちろんMTBの乗り方を教えますが、あまり専門的なことは教えません。自転車に特有の乗車技術は、こども自身が「技を知りたい!」「もっと上達したい!」と内なる欲求が高まってからで良いと思うからです。あまり自転車のことばかりやっていると、自転車しかできない大人になってしまうことが心配だからです。これは自転車に限ったことではなく、サッカーや野球など、競技人口が多く競争率の高いスポーツではもっと顕著だそうです。

なので、今回も途中でこんな状況になったりしますが(笑)

本当は下るところなのに、なぜか登りたがるんですよね・・・

これは、いつも当ブログで書くように、「雑多な遊び」をすることがその子の「体の使い方」という引き出しを増やし、将来的なパフォーマンスに繋がっていくという確信があるからです。そのことを確かめるために、今回は名古屋で開催されたセミナーへ参加してきました。

「ドイツ・スポーツ運動学Ⅱ -スキル学習指導-」と題されたこのセミナー、講師はいわきFCのアドバイザーをされている小俣よしのぶ先生。我々、研究・教育領域のゴールデンスタンダードとも言われている「スキャモンの発育発達曲線」をバッサリ切ったりして、これまでの理論に一石を投じていらっしゃる方です。
参考記事

この記事を読んで個人的に特に興味を持ってしまったのが、東ドイツの話。
小俣 当時はまだ東西冷戦の中であり、1988年のソウルオリンピックではメダル獲得数1位がソ連、2位が東ドイツ、アメリカは3位でした。アメリカはアフリカ系の選手が多く出ているのに、東ドイツは当然ながら東ドイツの選手だけ。にも関わらず、たくさんメダルを獲得している。「これは何かあるに違いない」と思って帰国後に研究を始めました。東ドイツは全く資料が手に入らないので、なかなか大変でしたね。ソ連からマトヴェーエフ博士の論文や文献等は手に入りましたが。
上記のリンクより引用

ウルリッヒの一件もあったようにドーピングの可能性も否定できませんが、ドーピングが日の目を見るような効果を出すためには、そもそもその選手が相当なハイレベルであることが前提条件です。つまり、「相当なハイレベル」に到達するための基礎が東ドイツにはあるのではないか、と感じたわけです。

そして有名なスキャモンの発育発達曲線についても、
――スキャモンの発育曲線は、「The Measurement of Man」という書籍のごく一部分に掲載されているにすぎないのですね。
小俣 彼はもともと解剖が専門です。臓器を取り出して計量し、それをグラフ化したものが「スキャモンの発育曲線」で、人間のプロポーションがどのように変化していくかを見たものです。胴体は、臓器を入れるために大きくなる。ということは、何歳でどれぐらいの臓器の量に達するかわかれば、胴体の大きさを推測でき、順調に発育しているのかどうかの判断材料になります。でも、スポーツ科学は関係ありません。

上記リンクより引用

うむむ・・・もしコレが本当だとしたら、これは相当にまずい。今までこれがスタンダードとして教えてしまっていた。教科書にもそう書いてあるので、なんの違和感も感じていませんでした。

2017/11/14 追記
新たにこんな記事も上がっていました。ぜひご一読下さい。

セミナーの内容を詳しく書くのは控えますが、私も混同して使っていた「テクニック」と「スキル」の違い、「コツ」と「カン」などが整理されて、視界がこれまで以上にクリアになりました。そして、私がいままでお伝えしてきた「雑多な遊び・動きの中にこそ、将来的なパフォーマンスに繋がる答えがある」の考えも小俣氏から太鼓判をいただきました。
また、現在のスポーツ科学の基礎となっている定量的な評価だけでなく、私が現在所属している感性工学研究室でやっているような定性的な話が重要だということも確認できました。

23484492_1722780654434024_297851655_o_201711130556324a1.jpg

ということで、これからも私のスクール・セミナーでは種々の遊びをとりまぜながら、五感の感度を高めるような内容で進めていきたいと思います。

結論
結局のところスポーツ(≠競技スポーツ)の起源は「遊び」ですから、感性に従って楽しむのがイチバン!
スポンサーサイト

見える化を体感!

昨日は関西方面からご夫婦が弊社ショウルームへ訪問してくださり、WIAWISの試乗やGT ROLLER FLEX 3を体験してくださいました~

IMG-2645-2.jpg
まずはご主人から。ちょっと右に寄る傾向があることがわかりました。

IMG-2644-3.jpg
次いで奥さま。左右のぶれが少ない、きれいなペダリングです。

それを見て、ご主人にスイッチが入りました!
IMG-2646-3.jpg
家族の存在を忘れ、自分との対話に没入しています。(笑)

このローラーの良いところは体力面のトレーニングだけでなく、スキル面の可視化がされることです。パワーメーターもペダリングスキルの向上に効果的ですが、パワーメーターが表示するベクトルは必ずしも効率的な推進力になっているとは限りません。たとえば350Wで踏めたとしても、蛇行していたらロスが大きいですよね? あ、最強はパワーメーターを装着したバイクでこのローラーに乗ることですね(笑)

そしてもう一つの特徴が・・・
ご夫婦:「このローラー、メチャ静かですね!」

アウタートップに入れても、ローラー特有の「ガー」という音がしません。きっと精度が高いんでしょう、フライホイールが「ヒュイーン」という音を出しているだけです。むしろチェーンノイズのほうが聞こえてくるぐらい。ご家庭ならリビングに置いて、旦那さんはローラー、奥さまはTV観賞なんてことも不可能ではないと思います。

そしてこの後は屋外で試乗へ~
ローラーでのシミュレーションと屋外での実走が組み合わさることで、スキルがより定着しやすくなるのでお勧めです。

平日なら随時、土日祝日の場合はご予約いただければローラーもWIAWISもご試乗いただけます。
お問い合わせは下記からどうぞ!
http://wiawis.niu-mon.com/contact

歴史を感じる?チェーン

前回のパンク・タイヤ交換ワークショップで「これでは終わらなかった・・・」と書きましたが、なにが終わらなかったかと言うと・・・

s105_tire03_201707110938128b6.jpg
ギャー!

聞くところによると、この自転車を手に入れてから、何年も掛けてオイルをつぎ足してきたとのこと。鰻屋のタレじゃないんですから!しかもオイルを使い過ぎなので、ディレイラーにリムに、あちこちに飛び散りまくっています。リムのブレーキ面だけきれいということは、効かないブレーキでよくご無事でしたね!というレベル。

このまま放置できないので、洗います!

s105_tire04_20170711093810ef0.jpg
途中経過の写真ですが、少しはまともになりました。
よく見ると、リムも一部だけきれいになっているのわかりますか?あれが本来のリムの色。ブラックアルマイトが剥げたわけではありません。

そして今回も「チェーンは銀色だったんだ・・・」の名言をいただきました。

ここまで汚れると、チェーンやギアについた砂がお互いを削り合って、どちらも痩せてしまいます。そうなると、メンテナンス費用が盛大にかかります。それを防ぐためには、まず洗うこと。

次回の洗車ワークショップ、近いうちにご案内しますので今しばらくお待ちください~

友、遠方より来たる。

最近ですが、ウォームシャワーズというサイトに登録してみました。
Warmshowers.org

ということで、この週末にさっそく2人のゲストが訪問してくれました。今回はイギリス人とバスク人のカップル。
sDP1M0889.jpg
なんと5年も世界中を旅しているそうで、日本に入国してから2ヶ月だそうです。

本来は旅人に暖かいシャワーを提供するのがウォームシャワーズですが・・・

sIMG-2514.jpg
洗いました。
自転車にも暖かいシャワーを! 笑

泊まっている間に田んぼ作業を手伝ってもらったり、子どもと遊んでもらったりと、とても楽しく、刺激的な2日感でした。
地方に住んでいるとグローバル感を得ることは難しいんじゃないかと思っていましたが、なんのなんの。
彼らのたどってきたルートを地球儀で確認したり、スペインと言ったら「バスク!」と訂正されたり、「インデュライン!」と言ったら「オラーノ!」と返してきたり。笑
今まで埃を被っていた地球儀が大活躍でした(結婚祝いで恩師からいただいたもの・・・先生、やっと日の目を見ましたよ!笑)。

それにしても、疲労感がすごいです。頭の。
2日間だけですが、会話はすべて英語(あたりまえ)。夫婦の会話も日本語2割、英語8割みたいになっちゃってワケワカラン状態。ものすごいシンプルな単語も出てこない始末で、やっぱり継続はなんとやらだなぁと再確認しました。

日本語の通じない外国の方とリアルにふれあう体験は子どもにとってもすごい刺激!さっそく、"Just a moment please"なんて言い始めました。効果てきめん! 笑

彼らはこれから、和歌山方面へむかうとのこと。良い旅を!

グロータック試乗可能店舗になりました

地域資源バンクNIUはこのたび、グロータック社のGT-Roller Flex3試乗可能店舗になりました。

sDP1M0884.jpg

このGTローラーフレックス3は、従来の固定ローラーのように完全に固定されるものではなく、自分自身でバランスをとりながら乗るまったく新しいスタイルの固定(?)ローラーです。

sDP2M1054.jpg

早速乗ってみましたが、確かにこれまでのローラーとは違います。良い意味で不安定なんです。つまり、不安定な要素のある中で、しっかりと安定させられるかどうかを確認できるのです。

このローラーについてIT技術者さんがインプレッションを書かれているので、そちらに譲ります。
IT技術者ロードバイク日記・GT-ROLLER FLEX3インプレ


しかも、今はキャンペーン中なんです!
7/17までに試乗してご成約いただくと、6900円(税込7452)の防振パッド(Flexブルカット)がセットでついてきます!
あと1週間しかありませんが、ぜひこの機会をお見逃し無く!

試乗を希望される方は、当ブログのお問い合わせフォームからお願いいたします。

sDP1M0882.jpg

今後は私のバイククリニックでもこのローラーを使っていく予定です。お楽しみに!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター