FC2ブログ

いよいよ開幕!

北京オリンピックがいよいよ今日から開幕ですね!

そんなわけで前回の続き、今回は開会式で着用するスーツを紹介します。

olympicsuit1-1.jpg


























ミズノ製 開会式用スーツ
胸には日章旗と五輪マークのワッペンが着いています。

olympicsuit1-2.jpg
右肩にはJAPANの文字が入っています。

olympicsuit1-3.jpg
ボタンにも全て同じマークが!

olympicsuit1-4.jpg
両サイドと後はメッシュ地で、とても涼しそうです。
※撮影協力 57G8君。背後霊ではありません(笑)

olympicsuit1-5.jpg
中に合わせるシャツはこれです。速乾素材で出来た半袖ポロシャツです。先日の全国小中学生MTB大会で着ましたが、かなり涼しいです。

パンツは白のストレート、ベルトも付属しています。

詳細は以下の通り(JOCニュースより抜粋)
●ミズノ(株)
開会式入場行進用は、ジャケット、パンツ(女性はハーフパンツ)、ポロシャツ(男性)、クルーネック(女性)、シューズ、ベルト、ソックス、ポケットチーフ(男性)、スカーフ(女性)、バッグ(女性)の 10アイテム。全体のコンセプトは「無限∞の可能性」で、アスリートたちが日々追い求めている勝利の可能性、世界へと立ち向かう思いを表現するために、「勇」「挑」「翔」の3つの言葉の意味を込めてデザインした。
ジャケットは、武士の勝ち色である濃紺。礼儀正しさ、純粋さ、凛々しさを示す白のパンツ(女性はハーフパンツ)との組み合わせで、伝統的な日本をイメージした。ジャケット裏地の縁取りやスカーフに刺し色の赤を組み合わせ、内に秘めた燃える闘志を表現。着心地、快適さも考慮し、ジャケットは通気性を従来比 50%向上(ミズノ調べ)させ、しわ防止加工を施した新開発ウール素材を採用。両脇部のメッシュ素材のほか、背中裏地にもアイスタッチメッシュを使用して、接触冷感と優れた通気性で爽快感を演出。パンツやポロシャツ(女性はクルーネック)にも、涼感素材「アイスタッチ」を採用し、日本のテクノロジーを取り入れたフォーマルスタンダードとなっている。また、女性のジャケット、クルーネック、バッグには、スワロフスキー社のクリスタライズ‐スワロフスキー・エレメントを使用したJOC第1エンブレムを採用してエレガントさを演出。シューズにも、クッション性能を向上させた最新ランニングシューズ機能を搭載している。

今日は自宅でこれを着て、TVを見ながら一緒に入場行進します!?
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター