FC2ブログ

日本の夏、白馬の夏 その1

先週末の2日間はガッツリ白馬でした。

_DSC1546.jpg
MTBの学校in白馬、8名のキッズが参加~

公式ブログにも書きましたが、「MTBの学校」に参加してくれているキッズの一人が優勝しました。チーム監督でもなんでもありませんでしたが、自分がちょっとだけ関係した子が優勝するのを見て、ナショナルチーム遠征時代のような感覚がよみがえり胸が熱くなりました。

なんていうか、勝てるときっていうのは走っている選手の雰囲気でわかります。
たとえば、フィードゾーンでアドバイスをしたとき。真っ直ぐ走るラインを見つめながらも、こちらのアドバイスに「うん、うん」とうなずいて反応できている。すごく集中できているんだけど、周囲がよく見えている状態と言えば良いのでしょうか。

その昔、自分も調子がよいときは前後左右を見渡さなくても、ドローン撮影したような画が鮮明にイメージできていました。誰がどこにいて、どういう動きをするか・・・全部わかるような感じです。今回はどういう感じだったのか、優勝した本人に聞いてみたいな~

上手くできたと思う子には「なんで上手くいったのか」をメモさせると良いでしょう。成功したときは喜びのあまり、振り返りがおろそかになりがちです。数少ない「こうすれば上手くいく」という成功パターンですから、これをデータ化しておくことが次の成功確率を高めます。上手くいったときこそ、振り返りが大事です。

悔しい思いをした人も、やっぱり振り返りましょう。ただ振り返るだけじゃなく、文字にすることをお勧めします。文字にするためには頭の中を整理する必要があるので、より深くなります。残した文字は「こうすると上手くいかない」データベースです。次は成功するように、そのデータベースを活かしましょう。

人間は、一晩たつと約7割忘れてしまうそうです。ヤバイ!一晩たってしまった!(笑)
ということで、なるべく早く振り返ることをお勧めします。

_DSC1781.jpg
選手を盛り上げるためには、自分たちが盛り上がらないと! カウベル鳴らしながら、大騒ぎで応援するヤマジテCREWsは最高!
大騒ぎで応援していると、子ども達はクスっと笑って通過していきます。
お父さんお母さん、チョッピリ悲壮感漂う「頑張れ~!」や「○○(名前)~!」だけじゃなく、もっと楽しそうに騒ぎましょうよ~!笑った方が力が出ると思いますよ!
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター