FC2ブログ

出張フィッティングやってます

今が、フィッティング最適期。この時期にベースをつくっておけば、あとは練習するだけ。シーズン入ってからのフィッティングよりも、断然いま。

ということで、岐阜まで出張フィッティングへ。依頼人はインバウンド・サイクルツーリズムの大御所、(株)美ら地球(ちゅらぼし)代表の山田拓氏。昨年フィッティングを受けていただいたら
「バイクパートの平均が2km/hも上がりました!」
と驚きの結果を出した人。フルのトライアスロンは自転車だけで180km走るので、フィッティングによって最適化したあとは、する前よりも10km以上先を走っていることになる。ご本人は簡単におっしゃってますが10km先ですよ?背中が見えないっていうレベルじゃないです。

今回は2019シーズンのトレーニング開始に向けて、再フィッティング。前回と大きく違うのは、フランスから輸入したクリート調整装置を導入したこと。これで「なんとなくこの位置」から「確実にこの位置」に調整できる。
s_DSC4273.jpg

足の大きさを測る装置も導入したので、シューズのサイズが合っているかどうか、クリートの位置がちゃんと出せるかどうか、丹念に調整。

s_DSC4271.jpg
今回はシューズ交換の必要なしでよかった。メーカーによってはクリート取付穴の位置が踵に寄りすぎて、そもそも位置が出せないことも多い。

トライアスリートには、トライアスリートの助言のほうが適確。flascoは元プロ・トライアスリートの政岡美里さんと連携しているので、トライアスリートの疑問・質問にも対応できる体勢をつくってある。

s_DSC4280.jpg
チームTAKU!

外ではウグイスが鳴き始めた。シーズンインは近い。
スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター