2007 Jシリーズ 要項

2007年度のJシリーズ開催要項が発表されました。
(リンク先は日本マウンテンバイク協会です)

今回は変更点が多数ありますので、競技選手の方は熟読しておいて下さい。
主な変更点は以下の通り。

1.登録方法の変更
昨年までのカテゴリー登録が変更になりました。保険の適用など諸事情により、マウンテンバイク協会が登録事務を担当することになったためです。混乱する方が多いので、ちょっとまとめると・・・

従来
JMAの事務所内にあった「カテゴリー認定事務局」が担当。登録してもカテゴリーが認定されるだけで、JMAの会員ではなかった。
変更後
JMAが担当。全ての登録選手はカテゴリー認定と同時にJMAの会員になる。JMAの会員になることによって、保険等のメリットを受けることができる。

2.スポーツクラスの登録簡易化
スポーツクラスは上記1.の競技登録だけでJシリーズに参加できるようになりました。つまり、今年スポーツクラスにエントリーする方は自転車競技連盟(JCF)=各県での登録が不要です。

※エキスパート以上はJCFへの登録とJMAの登録の2つが必要です。

スポーツクラスで優勝した場合は特別昇格のための資格が発生しますが、優勝者が希望しない限り強制的に昇格されることはありません。ただし昇格を希望する場合には、JCFへの競技者登録をしなくてはなりません。

以上の1と2をまとめると、

スポーツクラスへ登録する方:     JMAへの登録のみ
エキスパートクラス以上の選手:    JMAとJCF(各県競技連盟)登録の2つが必要

となります。
昨年までよりも気軽にJシリーズへ参加できるようになったと思います。

3.ポイントテーブルの変更
全日本選手権の配点を調整し、それに合わせて各大会の配点も調整しました。これにより、今まで以上に白熱したポイント争いが繰り広げられると思います。

4.エリート登録の年齢制限
UCIルールに合わせるため、エリートへの参加は17歳以上となりました。

大きな変更は以上の通りです。
選手の皆さん、準備は万全ですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター