大は小を兼ね・・・そうにない

自転車を整備するために工具が必要ですが、きちんと整備するためには良い工具が必要になってきます。
もちろんホームセンターで売っているような工具でも整備はできますが、一流工具を使った方が失敗も少なく効率も良くなります。

例えば自転車整備の大半は六角レンチを使いますが、PB社の六角レンチが自転車整備の世界では事実上のスタンダードになっています。

同様にペンチやニッパーなどの握りものならKNIPEX、モンキーレンチならBAHCOといったように、それぞれ得意分野があります。

toolbox.jpg
MIYATA-SUBARUのチーフメカニック、添田さんの遠征用ツールボックス

そのような一流工具の中で一番有名なメーカーはsnap-onでしょう。嬉しいことに先日そのsnap-onのレンチを店主さんに譲っていただきました。

wrench01.jpg

wrench02.jpg

でもこのレンチ・・・
デカいんです。

wrench04.jpg
1-5/8って何ミリ?




・・・・・・41.3mm!




wrench03.jpg

一般的なサイズと並べてみれば一目瞭然です。一番下が8mmです。

何に使うか考えていたら、同僚が突然襲いかかってきました。
wrench05.jpg

確かにこんな使い道もあるかもしれません!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コラ!

目線を入れるって言ってたけど
何ですかこれは!!
人の顔で遊ばないでください!キー!

といいながら結構好きです。ヒゲ似合うかも。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター