新型ライト お披露目

数日前に新型ライトが完成したと報告しましたが、そのお披露目です。

light-2piece01.jpg

今回はMTBでの利用を基本コンセプトにして、2ピース型にしてみました。
MTBはサスがありますから、ライト本体とロワーレッグが干渉しやすいことが分かっていました。またタイヤが太いため、車軸の位置に固定すると影が大きくなりやすいことも問題でした。そこで回路部をフォークに固定し、ライトはマッドガード用のステーを利用してタイヤの上・自転車の中心線上へ固定する方式にしました。

四角いBOXは整流回路と定電圧回路が入っています。ライトは一部サイクリストの間でハブダイナモ用ライトとして人気のあった、GENTOSのSF-301を加工しました。
最初はSF-301に内蔵されているDC-DCコンバータ(6V用)をそのまま利用していましたが、ブリッジダイオードの電圧ドロップが大きく6Vを確保できなかったので、最終的には取り外してしまいました。

リフレクター部もイマイチな感じだったので、たまたまホームセンターに売っていた亀甲状のものを使ってみました。この様なリフレクターは光を拡散して周辺を照らすのに有効で、最近のフラッシュライト(携帯型ライトのこと)ではメジャーになりつつあります。その形状からオレンジピール(オレンジの皮)なんて言われてます。
昨今の自動車用ライトもこの様な「マルチリフレクター」タイプが主流ですよね。

light-2piece02.jpg


さらにおまけとして、信号待ちなどでも存在をアピールできるように蓄光材を組み込みました。

light-2piece03.jpg
シャッタースピードが遅いためメチャクチャ明るく見えますが、実際はもう少し暗いです。
それでも今回は「N夜光ルミノーバ」という従来の10倍ぐらい明るくて持続力も高い素材を使ったので、信号待ちぐらいでしたら十分明るさを維持できます。

ロード通勤で使用した感じでは、まずまずといった感じです。LEDの発光効率が異なるためスーパーレーザー(仮称)よりは暗いですが、市販されているハブダイナモ用ライトよりは格段に明るいと思います。

重量は89gでした。軽い、明るい、電池切れもない、と3拍子そろっていたら、もうバッテリー式ライトには戻れません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

cool

これは、スマートでカッチョイイですね♪

正直、ウルトラレーザービームの使用に踏み切れないのは今ひとつ形状が好きになれないのが理由でした。
これは、イイっ!

追記

焦点が合うようにとリフレクターを削っていたら、削りすぎてしまったので純正のリフレクターに戻しました(^^;)

みずきちさんへ

ブルベで使ってみては?
ご希望があれば作りますよ~ v(^^)

希望♪

お言葉に甘えてお願いしちゃいます!
そのうち一度豊田のほうにもおじゃましてみたいです♪

業務連絡

♪業務連絡~♪

みずきちさま

レス早いっすね(笑)

注文(?)承りました。
ちょうどcreeのライトを発注してありますので、それで作ってみようかと思います。
進捗状況は逐一連絡します。

#希望の仕様があったらメールしてくださいませ。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター