エネルギー問題

前回の記事は堅い話でしたが、今回のネタを書くための前振りでもありました。

タイトルにもある通り、今回はエネルギー問題についての話題です。
ただし今回のエネルギー問題は腹周りに集中した話題です・・・
以前の記事で、「股関節を痛めたのでしばらく療養します」と書きましたが、その間に3.6kgも太ってしまいました。

個人的には「軽くヤバイ」レベルを超えてしまいました。ツマには「契約違反だ」と脅しをかけられるようになりました(汗)。

幸いにして負荷をかけずに乗れば股関節に痛みが出ることもなくなったので、リハビリとダイエットを兼ねて自転車通勤を復活することにしました。

ただしそのままダイエットするだけでは「サイエンス」らしさがなくなってしまうので、元の体重に戻すためには何回の自転車通勤が必要か計算してみました。

そのためには前回の記事でも使用した漸増負荷運動時のデータを使います。つまり、通勤中は心拍数しか計測しませんので、呼吸代謝のデータと心拍数の相関関係を求め、心拍数からエネルギー消費量を推定する関係式を作ってそこから推定するのです。

HR-VO2.png
データが古いので現在の私の有酸素能力を正しく反映しているわけではありませんが、便宜上このデータを使います。

通勤時の平均心拍数をPOLARのデータを元に計算したところ、約141拍/分でした。

この値をxに代入します。つまり、141拍の時に酸素摂取量がどれぐらいかを求めるわけです。
これを計算すると、
0.034×141-2.691=2.103
となり、141拍/分の時の酸素摂取量は2.103(L/分)であることが分かりました。

通勤に要した時間もPOLARのデータから計算します。それによると片道は約53分でした。ですから片道あたりの酸素摂取量は、
2.103(L/分)×53(分)=111.459(L)
になります。

同様にして141拍時の呼吸商(RQ)も求めると、約0.75でした。
下の表にあるように、RQ=0.75時における酸素1Lの摂取は4.74kcalに相当します。したがって自転車通勤(片道)に要するエネルギー量は、
111.459(L)×4.74(kcal/L)=528.316(kcal)
になります。

RQ-table.png
北川 薫著,運動とスポーツの生理学,市村出版から引用

また、この表からは各運動強度における糖質と脂質の利用比率が分かります。今回はRQ=0.75ですので、脂質が85.3%利用されているのがわかります。ですから、片道の自転車通勤で消費したエネルギーのうち、脂質由来のエネルギーは
528.316×0.853=450.654kcal
になります。

ところで、脂質は1gあたりのエネルギー量が7.7kcalです。ですから、片道の自転車通勤で
450.654÷7.7=58.526(g)
の脂質が利用されたことになります。

冒頭で述べましたが、今回の体重増加は3.6kgでした。ですから自転車通勤で元に戻そうと思ったら、
3600÷58.526=61.511≒62
62回の自転車通勤をする必要があります。

自転車通勤の際は帰路も自転車ですから、31往復すれば良いことになります。

ただしこの話はエネルギー摂取量が全く変わらなかったら、という条件での話です。
自転車通勤をすればお腹がすくので、補給食を食べます。
私の場合は到着した段階ですでに空腹になり、10時におやつを食べ、3時にもおやつを食べ、帰宅前に「帰宅用燃料」と称してまた食べてますから・・・したがって実際にはもう少し自転車通勤の回数を重ねる必要があるでしょう。
ガソリン代はかかりませんが、補給食代でトントンかもしれません!?

この話題からも分かるとおり、体脂肪率を下げるにはかなりの運動が必要です。現在はなんとか1.6kg増のレベルまで戻しましたが・・・先はまだ長いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター