トレーニングキャンプ2日目 午前 その1

どうも「ですます」調は慣れないので、論文のように「である」調に戻します(苦笑)

今日からいよいよトレーニング開始である。
最初にフレデリック・マニェ氏から歓迎の挨拶を受ける。マニェ氏は国際ケイリンに選手として来日したこともある、有名な元スプリンターだ。現在はここWCC(World Cysling Centre)のトレーニング部門のチーフである。

ちなみに...WCCの中にUCI事務所がある。滞在中利用しているセンターは、あくまでもWCCのものらしい。

次いで今回のコーチ、シャンタル・ドクールさん(以後シャンタル)とジャンマルク・チャッビーさん(以後JMC)からトレーニングセミナーについての説明を受ける。

velodrome01.jpg

これはWCCにある屋内ウッドバンク。周長250mで、最大斜度45度である。この日はニュージーランドチームが練習で利用していた。
簡単に自己紹介を済ませた後、シャンタルとJMCから今回のトレーニングの目標について説明があった。
説明は以下の通り(板書のままを翻訳)

選手の目標
・バイクを使った練習方法の習得
・テクニックの向上
・トレーニングに多様性を持たせる
・日曜日の(ローカル)レース参加
・異文化から学ぶ
・良い雰囲気作り
・責任ある態度

コーチの目標
・(自分の)選手に対して責任を持つ
・フィードバックを提供する(コーチのアイデアで)
・新しいトレーニング方法を学び、それぞれの国で活用する
・トレーニングを通じて(目標などを)成し遂げる
・日曜日のレースには選手のコーチとして望む

うむむ...頑張らなくては。
まずは何より、言葉の壁をクリアしないと...

今回日本から参加を許可されたのは、私だけだったが、
英語(もしくはフランス語)をある程度しゃべれないと、とてもじゃないけれどついていけないと感じた。
英語が話せないから、選手を連れて来れなったというコーチもいた。

2日目 午前その2へつづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター