XC チームリレー

日本チームとしては今回初めて参加したXCチームリレー(XCR)ですが、ご存じない方も多いようなので簡単に説明します。

チーム構成は4人です。
基本的に男子エリート、男子U23、男子ジュニア、女子エリートの4名で構成されます。
この4名がコースをそれぞれ1周し、最終走者の着順で順位が決まります。
一般的に皆さんがよくご存じのリレーと同じです。

誰を起用するかも重要ですが、それ以上に重要なのは出走順です。
出走順は自由なので、何番目にどのカテゴリーの選手を投入するかは各国のトップシークレットです。
たとえば前半にエリートを投入してスタート後の混乱を避けるチームもあれば、アンカーにエリートを持ってきて一気に追い上げるところもあります。
一番気を使うのは女子エリートをどこに配置するかですが、一般的なパターンとしてはスタートとアンカーにエリートとU23を持ってきて、真ん中2名をジュニアと女子にすることが多いようです。

交代方法はいたってシンプルです。
まず、国別にパドックが決められています。
team-relay01.jpg

トップの選手が近くなってくると、このように全員並ばされます。

team-relay03.jpg

日本チームのパドック表記。せめてJPNにして欲しい…

前走者は柵を隔てた反対側を走ってくるので、柵越しにボディタッチします。
team-relay02.jpg

これを3回繰り返します。

ただこれだけですが、見ているほうは結構盛り上がります。
戦術的要素もありますし、都道府県対抗やチーム対抗など日本でやっても面白いと思います。

ちなみにUCIポイントはつきませんが、アルカンシェルはちゃんともらえます。
XCRがある時しか着れませんが・・・XCRってそんなに沢山開催していましたっけ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター