新型LED テスト

久々のライトネタです。

昨今のLEDの進化は目を見張るものがあり、付いていくのに必死です。数年前のCPUのような状況でしょうか。

そんなわけで、LEDをP4からQ5にアップしてみました。
(P4、Q5はLEDの製造コードです。新しいほどアルファベット、数字ともに上がっていきます。最新はR2だったかしら?進化が早すぎてワカリマセン・・・)

使用後の感想は・・・
劇的な変化とは言えないまでも、若干明るくなっているように感じました。
これはQ5がP4より大電流を流せるようになっているものの、0.5Aあたりでリミットがかかるハブダイナモの特性が効いてしまっているようです。
つまり、Q5の持っているパワーを存分に発揮するためには、電源をLi-ion電池等に換えて1Aぐらい流せるようにしないといけないようです。

しかし電源を電池にしてしまうと本来の目的から外れてしまうため、ハブダイナモ用以外を作るつもりはありません。
(電池用だったら改造の必要がありませんし・・・)

それ以上に製作時間の確保が最大の問題ですが。
※匠光楽Q5バージョンの製作予定は未定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター