FC2ブログ

第5日 ウォーミングアップの方法 

この日の午前中は、舗装路でウォーミングアップの方法について学ぶことになった。

どうやら明日のレースに向けた準備のようだ。

clock.jpg
待ち時間にWCC内をパチリ。複数の時計が並んでいるが、よく見ると「修善寺」が・・・どうやらコンチネンタルトレーニングセンターの時間のようだ。
シャンタルに教えられたウォーミングアップは、以下のような手順だった。

●まずは通常のサイクリングで体をほぐす(15~20分ぐらい)。
●次にインナー x ローぐらいの軽いギアで、10秒程度のスプリントを行う。これが4~5本。
●最後に今度はアウター x トップぐらいの重いギアで、ほぼ停止に近い状態から5秒ぐらいの全力ダッシュ。イメージとしてはスタンディングスタート(ツーペダルスタート)のようなもの。これも5本ぐらい。
●再び10分ぐらいの軽いサイクリングで終了。

シャンタルは、呼吸と筋肉にも刺激を入れるようにと指示していた。スプリントが呼吸器系に対する刺激で、スタンディングスタートが筋系に対する刺激だろうか。
ちなみにこの練習は舗装路で行なった。

そうこうしているうちに昼になり、昼食の時間となった。

lounge.jpg
昼食後の休憩。ここにはTVやコーヒーサーバー、無線LANスポットがあって、自由にくつろげる

昼食後はいくつかのグループに分け、体調に合わせて舗装路を軽く走った(ほぼLSDの強度)。練習時間は2時間弱だと思われる。基本的に明日のレースに備えて、軽く体を動かしたという感じだった。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター