FC2ブログ

ネジの規格 ミリとインチ

突然ですが、弓具がヤマハからサミックに変わりました。

弓による規格の違いは色々ありますが、私にとって最大の問題はネジの規格が違うことです。

ヤマハはミリネジですが、現在市販されている弓はほぼインチネジで統一されており、互換性がないのです。
つまり、プランジャーやスタビライザーを流用することができないのです。

そこでインチネジからミリネジへネジを切り直し、互換性を持たせることにしました。

しかしそこでまた問題が!
ネジにはピッチという山の間隔にも規格があります。
プランジャーのネジは径が8mm(M8と言います)です。
通常のM8ネジはピッチが1.25で、細目といわれるピッチが1.0です。
なのにプランジャーのピッチはそれよりも細かい0.75なのです。
M8*0.75ピッチとは・・・ネットを探し回っても、ネジを切り直すタップが入見つかりません。

諦めかけたそのとき、静岡県の方がM8*0.75のタップを持っており、貸していただけることになりました!!

ゴリゴリ・・・ゴリゴリ・・・ ステンレスは硬い・・・ ゴリゴリ・・・
15分ぐらい格闘の末、無事ミリネジのプランジャーが装着できました。

biter-plunger.jpg
Aさんありがとうございました! m(_ _)m"

ハンドルの厚さがヤマハより薄いため不格好な取り付けになってしまいましたが、バイターのプランジャーが収まりました。

本来はリコイルを入れるなどして、きちんとしたネジ山を確保したほうが良いでしょう。

※本記事を参考にした改造等については自己責任でお願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター