イタリア日記 その24

女子エリートの後にはメインイベントの男子エリートです。

スタートリストによると、出走人数は130人です。

今年は全日本より前に世界選があるのでUCIポイントが少なく、スタート位置があまり良くありません。
日本勢最高順位の竹谷選手で70番ですから・・・

それはさておき、レースがスタート。
スタートからものすごいスピードです。
XCO-ME-start.jpg


ほとんどスプリントのようなスピードです。
oga1.jpg
小笠原選手

急勾配の登りでも、トップ選手はスピードが落ちません。
それもそのはず、トップ選手のほとんどがフロントダブルです。

恐らく大きい方は40~42T、小さい方が26~30Tぐらいだと思われます。
(U23優勝者のNino選手は42x30Tだと言ってました)

そのギアを踏み切れるパワーを有していることが、世界選への必要条件になっているかのようでした。

結果は竹谷選手があと1分ほど及ばずで52位(-1lap)、山本幸平選手は54位(-1lap)、山本和弘選手は77位(-3lap)、小笠原選手は後ろから突っ込まれたらしく、ディレイラーハンガーが折れてDNFでした。

女子でもフロントダブルの選手が何人か存在し、MTBもフロントダブルで十分という時代が来ているのかも知れません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター