イタリア日記 その24

今回の大会では、こんなジャケットを多数見ました。

icejacket1.jpg

クーリングジャケット、アイスジャケットなどと呼ばれています。
要するに身体を冷やすためのジャケットです。

サイクルスポーツ(2004年7月号)の私のコラムでも取り上げましたが、保冷剤を入れる、あるいは水で湿らせると冷える素材が灰色(銀色)の部分に入っているようです。

スペイン、スイスチームなどがこぞって使っていました。

U23世界チャンピオンのNino選手もスタート直前まで着用していました。
icejacket2.jpg


体温が上昇しすぎるとパフォーマンスが低下するのはよく知られているので、このようなジャケットを着てウォーミングアップをしているのだと思います。

個人的には日本のような環境下でこそ、このジャケットは効果を発揮すると思います。
昨年参加した北京でのプレ大会でもかなりの暑さを感じたので、北京でも有効でしょう。

と思ってプレ大会の写真を見直していたら、既に着用していました。
icejacket3.jpg

日本チームもこのようなジャケットを用意すべきでしょう、
※サポート大歓迎です(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アイスベスト。。。

運動前の深部体温を下げておけば、たくさん運動ができるという考えのようですね。
ちなみにフィールド実験では賛否両論みたいですね。大阪世界陸上のときは誰も着ていなかったとか、いろいろ聞きますが。。。
筋肉を冷やさず、深部体温と脳温のみを冷やす、そんなアイスベストを西井さんに期待します。

僕のハートを熱くする、そんなベストもあればいいなぁと期待する今日この頃です。

ハートを熱くする、そんな都合の良いベストがあったら人に譲るモンですか!(笑)

あれで深部体温まで下げられるかは不明ですが、夏の暑いときに涼しいだけでも気分的に違うのではないでしょうか。

暑いときに限った話ですが、スプリントのような一瞬で勝負が付くような競技は別として、ロードやMTBのような長時間競技はなるべく体温を上げたくないわけですから、本当に軽いアップだけで十分かもしれませんね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター