祝賀会・報告会

オリンピックは終了しましたが、イベントはまだまだ続きます。

自転車競技連盟主催のメダル獲得祝賀会・報告会に出席させて頂きました。

beijing-report.jpg

こうやって祝賀会に参加させて頂くと、あらためて多くの方に支えられているのを感じます。

印象的だったのは、長塚選手が開口一番
「チームスプリントでメダルを獲得できず、申し訳ありませんでした」とインタビューに答えたことです。

多くの人に期待され、支えられていたことを十分に感じていたからこその発言だと思いました。

私がミヤタにいた頃、同じような場面に遭遇しました。
ツールド北海道で総合3位になった真鍋和幸選手(現NIPPO-ENDEKA)がレース終了後に、
「一生懸命サポートしてくれたのに、優勝できなくてすまない」
と言ってきました。

このとき総合3位でレースを終えてメデタシメデタシ、と思っていた私は衝撃を受けました。
また、サポートスタッフに謝ってきた選手も初めて見たので、ダブルで衝撃を受けました。

それ以来選手の言動をつぶさに観察するようになりましたが、真鍋選手がレース後に「ありがとう」だけを言ったのは、総合優勝した3day Road 熊野だけだったと思います。
そのとき、プロとはきっとこういう人のことを言うんだなぁ・・・と心に刻まれたことを、昨日のことのように覚えています。

そんな過去の記憶が呼び戻され、とても印象深かった祝賀会・報告会でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そのあとの…

おつかれさま会も楽しんでいただけたかな?(笑)
私は監督の赤ハッピ姿、存分に楽しませていただきました(笑)

お疲れ会ありがとうございました!
と~~~~~っても楽しかったです。

#あの件でもっとトークが広がるかと思ったら、BEKENさんのひと言で片付けられてしまいましたが(笑)

それよりも、某楽器を振りすぎたせいか肩が痛くて・・・

歳を感じます。

一撃です

お疲れ様です。
一言で片付けてしまったと・・・
だってそうなんですもん(笑
タイトな会話ですんません(笑

しかもゴンドラ乗車では
すっかりDSで重ねて申し訳ございませんでした。次回は必ず1日券買って参加します(笑
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター