アジア選@ネパール 女子XCO

第14回アジア選手権@ネパールの決勝種目1発目、女子XCOが開催されました。

女子は総勢11名、そのうち中国は4人エントリーしており、しかもその中の2人はオリンピック選手です。
また、中国の国別ランキングは1位なので、このメンバーに勝てれば世界レベルに到達していることを意味します。

本日の10時(ネパール時間)、時間通りにレースがスタート。
レースは1.1kmのスタートループ1周と5kmのフルコース5周でした。

nepal14.jpg

スタートと同時に中国が前を固めます。その中に無理矢理でも割り込むよう指示をだしますが、ちょっと気が引けてしまったようで中国の新人Shi選手の前になんとか入った展開になってしまいました。

nepal15.jpg

ただし今回はスタートループが1周あったので、同じセクションで再び割って入ることを指示、なんとか3番手で本コースに入ることができました。

nepal13.jpg

先頭のRen選手とLiu選手は快調に飛ばしますが、新人のShi選手はそれほどパワフルでないのか片山選手と同じようなペースで周回を重ねます。

nepal09.jpg


ところが後半になって片山選手のペースがガクっとおちた周があり、それまで30秒程度でShi選手を追っていたのが1分近くの差に広がってしまいました。

その後はペースを取り戻しましたが、そこで開いた差を詰めることができず4位でゴールしました。

最終リザルト
1. Ren Chengyuan (CHN) 1:34:24
2. Liu Ying (CHN) 1:37:11
3. Shi QInglan (CHN) 1:38:59
4. Katayama Rie (JPN) 1:41:20
5. Wang Jingjing (CHN) 1:45:03

今回はJCFの鈴木前局長、岩舘現会長が観戦に来られていたので、表彰台は最低でも獲る気持ちでいましたが、世界ランキング1位の壁は厚く、目標を達成することができませんでした。
しかし、中国選手の一人には勝つことができましたし、3位の選手とも1分20秒ほどの差しかありませんでしたから、いままでよりは手ごたえのある走りができたと思います。

とはいいつつも中国は若手を登用して次を考えていますし、我々日本チームも若手女子選手をどんどん育てていかないと、次のオリンピックは枠が危ういと感じました。

我こそはと思う女子若手選手、連絡をお待ちしております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お~~ 世界の頂がチョッと見えた瞬間ですね!

しかし CHN つよいっすね・・・orz

私?

若手かぁ・・・。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター