2008 普及・指導者養成講座(西日本)

先週末は日本マウンテンバイク協会主催の「普及・指導者養成講座」が滋賀県・グリムの里で開催されました。

grim-01.jpg

今年も多くの方が参加し、一緒にマウンテンバイクの普及について考えました。

もちろん実技講習もあります。
この講座で特に重要視されているのが、「教える技術」です。
例えばブレーキングの説明では、前転防止のために腰を引くことを強調しますが・・・

grim-02.jpg
沖インストラクターの実演。

そして参加者の練習風景です。

grim-03.jpg

本人はインストラクターの実演と同じぐらい腰を引いているつもりでも、実際はこのぐらいです。
ということは、これぐらいのフォームで見本を見せた場合、ビギナーの参加者は動きがもっと小さくなってしまい、うまく伝わらない可能性があります。
インストラクターの大げさな動きには、そんな理由があったりします。

ちょうど昨年の記事
「個人的にはエリート選手も参加した方が良いと思ってます。」
と書きましたが、今回はエリートクラスの選手が多数参加してくれました。

そして昨年と同じように、
「講習がとても有意義だった」「基本的な技術がこれほど難しいとは思わなかった」と言ってくれました。

そんな声を聞くと、本当に嬉しいですね!

12/13-14には東日本で同じ講座が開催されます。
そっちでも同じような声を聞けるよう、頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました

監修お疲れ様でした。
2日目は寒かったですが、ずっと立ちっぱで大丈夫でしたか?

いやいや、今回いろいろと勉強になりました。特に、人に教えることの難しさを痛感させられましたね。結果はまだまだインストラクターには到底及ばないレベルでしたが、私的にはいろんな方々と話ができて楽しかったです。(講座の趣旨と違う?)
今日、早速昼休みに部室からSTP引っ張り出して、プチおさらい練習なんかしてみました。

とにかく、ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします!
(精算連絡待つ)

こんばんは、普及・指導者養成講座を受けましたグレートティーチャーです。
一緒にいた、ジョーさんに命名されました。

15年前に一緒に同講座を受けたかも知れないと聞いてびっくりしました・・・

ショップに勤務しながら、指導を行ってきましたが改めて指導する難しさを実感しました。今までも、わかり易く大きくライディングをおこなってましたが、まだまだ何かが足りないとよく解りました。

検定までに補っていきたいと思います。
模擬指導・・・難しかった
これは、もっともっと勉強です・・・・

久々に充実した二日間でした
ありがとうございました。



グレート・ティーチャーSさま

養成講座お疲れさまでした。
こちらにとっても有意義な時間で、あっというまの2日間でした。

それにしても15年前に同じ講座を受けていたかも知れないなんて・・・世間は狭いですね!

2月の検定を楽しみにお待ちしております。
頑張ってくださいね!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター