高速化

先週末、freecasterでワールドカップ・スペイン大会のライブ中継を観戦しました。

前回のベルギー大会も観戦しましたが、共通していることがあります。
それは、レースが高速化しているということです。

ここのところ3戦とも優勝したのはアブサロンでしたが、優勝タイムが1:44~1:51でした。
ルールでは男子の優勝タイムが2:00になるよう周回数を設定します。
しかし、それより10~15分も短いのは、周回数を1周減らしてレースを高速化させ、見ている側も楽しめるような配慮がされていると考えられます。

女子も2戦連続でマーガが優勝しました。こちらのタイムは1:25と1:28で、いずれも1:30を切っています。
こちらもルールでは1:45が標準タイムですが、やはり15分も短縮されています。

日本のレースも徐々にそうなっていますが、その代表例が今シーズン第1戦@南さつまの激的なスプリント勝負につながったのかも知れません。
(おかげで見ている側は大興奮ですね・・・後ろで喜びを爆発させている某監督を見ていると、その様子がよくわかります)


今週末はJシリーズ@富士見です。
はてさて、どうなるか・・・乞うご期待です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

どうみるか?

ども、ども、ども。

高速化なのか
それとも時短なのか
微妙デスね

周回数を多めにして観戦者を引き付ける感じだったかと
人気の観戦ポイントはスローになる激坂でしたね

ども、ども、ども。

高速化 or 時短・・・両方正しいのではないでしょうか。

いずれにしても観客・ファンあってのことなので、その人たちがハッピーと感じられるように尽力するのは、我々業界に携わる人間の責務だと思っています。

ファンの喜びは、選手にとっても地元にとっても、主催者にとっても喜びですから。

もちろん、選手が公平に競技できるよう、ルールを最大限尊重した上での話ですが。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター