FC2ブログ

豪州通信 その16

世界戦に来ると様々なトラブルがあります。

その中でもメカトラは選手の走りに直接影響するので、絶対に解決しないといけません。

そんなときは・・・

s-R0010440.jpg
世界戦協同組合です。

このときはポルトガルチームがクランク周りの修理にやってきました。

他にも、

「空気入れ貸してくれ」

といった些細なものから、

「●●の▲▲持っていないか?」
というハイクオリティ(?)な要求が出てくることもあります。

もちろん我々も困ったときには他国のチームを渡り歩きます。
我々スタッフの間では「借りもの競走」と呼ばれており、無理難題と思える部品をいかに借りてこれるかで、スタッフの真価が問われます。

余談ですが、これまでで一番の大物はDH用サスペンションフォーク、最難関は某メーカーのリンクシャフトなど・・・今年はリアホイールのスルーシャフトを忘れた選手がおり、ホームセンターで調達した部品から削り出しました。他にもクランクやギア板、ブレーキパッドなど・・・枚挙に暇がありません。

世界戦にスタッフで参加すると、トラブル対応能力が各段にあがること請け合いです。
新入社員のインターンにいかがでしょうか(笑)?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

インターン行こっかな~??
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター