遠征準備

先月世界戦が終わったかと思ったら、今度はすぐにアジア選手権@マレーシアへ出発です。

そんな海外遠征の折、どうやってバイクを運ぶのかという質問をよく耳にしますので、今回は遠征準備のネタ紹介です。

我々MTBナショナルチームの多くが愛用しているのはコレ。
ACOR社のバイクポーターという箱です。
詳細は輸入元のHPを見ていただくとして、この箱の利点は・・・

1. 軽い
我々ナショナルチームはある程度の重量を航空会社さんにサービスしてもらっていますが、それでも許容重量ギリギリです。なので、少しでも軽い箱が理想なのです。ハードケースは自転車の保護という面では非常に優れているのですが、我々にとってはちょっと重すぎます。
同じ理由で、スーツケースよりも布製のキャスターバッグが好まれています。

2. 強い
軽さだけでいえば自転車運搬用の段ボールで良いのですが、すぐに破れてしまいます。乾いていても壊れやすいのに、濡れてしまったら最悪です。こちらはプラスチックなので、濡れても大丈夫です。

3. 再利用可能
段ボールだと飛行機でのハードな輸送で、2回目を耐えられるほどの強度はほとんど残っていません。海外遠征のたびに、自転車屋さんへ箱をもらいに行くのも意外と面倒です。この箱は使わないときは畳んでおけるので、意外と場所を取りません。

さてさて、自転車を収納するとこんな感じです。
bikeporter01.jpg


























自転車は横からの圧力に弱いので、保護用に風呂マットを使います。
これがかなりGOOD!
安いし、地面に敷いて休憩にも使えるし、車に自転車を積んだ時の保護材にもなるし、何より軽い!!
ホイールはホイールバッグに入れて、フレームを左右から挟むようにして収納します。その際、クイックレリーズとディスクローターは必ず外しておきます。
あと、私の場合はペダルとリアディレイラーも外しておきます。リアディレイラーはウェスでくるんで、リアエンドの間にタイラップ等で固定しておきます。これでエンド破損をかなりの確率で防ぐことができます。
フロントフォークのエンドには、やはりメーカーから送られてくるときについてくるプラスチック製ブレースをつけておきます。


念のため、メーカーから送られてくるときに使われている、保護用ウレタンも再利用してフレームを保護します。
bikeporter02.jpg





























bikeporter03.jpg


























最後は荷締め用のベルト(蛍光グリーン)で締め込み、箱が不意に開かないようにして完成!
運送してくれる方も、このベルトを持ってくれるので箱の取っ手が傷みにくいです。

箱には航空会社のシールが貼られ、歴史を感じることもできます。

さて、あと1週間ちょっとで出発です。
他の物の準備も急がなくては・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しそうですね

頑張ってきてくださいね
僕も現場に参加したい感じになってきました

日本から熱い風を送ります
ふぅ,ふぅ,ふぅ~~~

トレ学会,発表が終わりましたら,ポスターと抄録を送ります.

ご批判,ご意見等待っていますのでよろしくお願いします.

では,また

現場がないと生きていけません

学会抄録とポスター、楽しみに待ってます!
あ、別件ですがモード@幕張には行きますよ。

もし時間があればそこで。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター