FC2ブログ

肌に触れる部分はこだわれ by 出本師匠

靴下を枕元に置くイベントは過ぎちゃいましたが、今回は靴下ネタです。

じつは私、靴下には(にも?)こだわりがあります。
というのも、右脚の親指部分にすぐ穴が空いてしまうからです。
諏訪田の爪切りでこまめに切っているにもかかわらず・・・よっぽど尖っているんでしょうか!?

そんな悩みを解消してくれたのが、Defeetの靴下です。
レース会場の在庫処分セールで試し買いしたのがきっかけだった気がします。

この靴下、とにかくタフです。
某メーカーの靴下はくるぶし部分がルーズソックス(死語?)のようにすぐビロビロしてしまうのに対し、まったく衰えません。
肝心の右足親指部分も、穴が空くより先にカカト部分が擦り切れたぐらいです。
先日ついに暇をやりましたが、購入したのは私が現役だった頃ですから・・・かれこれ15年以上前でしょうか?
ここまで来ると、たかが靴下を捨てるにも寂しさを感じました。

「エコとは所有したモノを、可能な限り使い続けることだ」
と、どこかの本で読んだ記憶がありますが、まさにそれを地でいく感じです。

そのdefeet社の靴下が、こんなアイテムをサイクルモードで出していました。

defeet01.jpg
ピンクリボン協賛版です。本当はもっと濃い、綺麗なピンクです。

ピンクリボンに協賛していることも素晴らしいですが、それだけではありません。
(それぐらいでは、わざわざ記事にしないです)

defeet02.jpg
製品にはリサイクル素材を使っています。
かといって性能を犠牲にすることなく、coolmaxを使っています。

さらに・・・

defeet03.jpg
パッケージにはFSC認証材料です。

ここまでやってこそ!と思わず唸ってしまいました。

「有限の地球」で「無限の成長」ができるはずありません。
モノなら何でも良いという時代は過ぎ、限りある資源(環境も含めて)を有効に利用することはとても重要だと思います。

私は、こういう「作り手の意志・メッセージ」が製品に宿っているモノを、今後も大事に使っていきたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター