初めての自転車 選び方 番外編

その1その2その3と続いて、おまけの番外編です。
ズバリ、「1台だけ持つとしたら何にするか?」です。

もし私だったら、29er(ホイールが29インチのMTB: ツーナイナーと呼ばれています)を選びます。
私の専門種目がMTBだからという偏見はありません。ロード・ピストは実業団登録して県代表の経験もあります。BMXは競技への参加経験はありませんが、大学時代から遊びで乗っています。名古屋市内の移動は主にクロスバイクだったりします。そうやって、色々な自転車を経験してきた結果の結論です。

理由は単純、ホイール(タイヤ)交換だけで何にでも使えるからです。

まずMTBですからオフロードでも舗装路でも、設計的にはどちらでも走ることができます。
ロードやクロスバイクは「舗装路の高速巡航」という条件で限定すれば極めて都合の良い自転車なんですが、原則的に舗装路しか走れないので1台しか持てない場合は選択肢から外れます。理由は前回までのお話をご参照ください。

そして、状況に応じてタイヤを交換します。
オフロードを走るときはイボイボのタイヤ、舗装路を走るときはスリックタイヤ、というのは前回までのお話を読めばご理解いただけると思いますが、26インチのMTBよりも29erをお勧めするのはさらに飛び道具的要素があるからです。

どういうことかというと、MTBなのにロード用のホイールを使うことができるのです。
これを使えば、MTBなのにロードに準ずる走行感を手に入れることができます。
※どうしてもロードには劣りますが、クロスバイクは完全に凌駕できると考えます。

タネ明かしをすると、29インチというのはタイヤを含めた外径を指しています。つまり、ロードと同じ700c(いわゆる27インチ)と呼ばれるサイズのリムにMTBの太いタイヤを入れているため外径が29インチサイズになっているのです。(厳密に言うと、ロードは27インチのリムに23mm程度のタイヤを使うので、外径は28インチになります)

これを逆手に取っているわけです。
ロードとMTBはブレーキシステムが違うのでロードのホイールをポン付けすることはできませんが、それを見越したホイールをつくっておくと、いきなり別の乗り物に仕様変更することができます。
難しいことはありません。単純にディスクブレーキ対応のハブでホイールを組めば良いだけです。

ですが、ロード用ホイールを装着してもフレームの設計はMTBのままなので、ロードにはどう頑張っても凌駕できません。それよりもMTBにしかできない方向性を出す方が好みなので、個人的には太いタイヤをお勧めします。

メリットとしては・・・

1. 外径が一般市販品ではほぼ最大

2. ものすごい空気量で、極上の乗り心地

3. 走り出したら止まらない慣性力

が挙げられます。

1ですが、29x2.35だと1周の長さが約2330mmあります。ロードだと約2100mm、クロスバイクだと約2160mmですから、数字的にも見た目的にもかなり大きなホイールになります。
キャットアイ 周長データ
ホイールが大きくなると段差を乗り越えやすくなるので、減速しにくくなります。逆のパターン・・・ホイールが小さいほど段差でつまづきそうになる・・・をイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。街中の段差が気にならなくなるほどの威力を発揮します。

ただしタイヤを購入する際にはフレーム・部品との干渉に注意しましょう。
私はコーナーでの取り回しがしやすいように後輪~クランク軸までの距離を詰め詰めにしましたが、おかげでフロントの変速機とタイヤが接触寸前・・・
s-R0011943.jpg
クリアランスは約1mm! 実は変速機の一部をハンマーで叩いて加工していたり(苦笑)

ちなみに通常のオフロード用タイヤだとこんな感じです。
s-R0011945.jpg
29x2.1です。これぐらいが正常です。

次に2ですが、圧倒的空気量で極上の乗り心地です。
街中程度ならサスペンション不要かもしれません。反響する音もボンボン言うのでちょっと笑えます(ロードならカンカンとかゴツゴツという音です)。多少ラフに走ってもへっちゃらです。事実、ちょっとぐらいの砂利道はこのまま気にせずに走っています。
かといって規定の空気圧にしていればタイヤがベコベコに凹むわけではないので、走行感は軽快です。
むしろ3に挙げているように、タイヤの重さを利用した慣性力・・・回り出したら止まりにくい・・・によって、ゴンゴン進んでいく感じです。
登りではその慣性力が逆に負荷となり得るので、つらいところもあるんですが・・・そういう状況下で走る場合は、前述のロード用ホイールに切り替えてしまえばいいわけです。

そして、タイヤが大きく太いことによって路面との接触面積が大きくなることも特徴の一つです。接触面積が大きくなることによるブレーキの効きは以前お話したとおりですが、先程述べた慣性力も高まるので、個人的には前輪側のディスクブレーキを180mmクラスのローターに変更することをお勧めします。
私の知り合いで東京の街中を走っている方がおっしゃっていましたが、街中こそ180mmを使うべきだと強く推奨していました。私もそう思いますし、私のバイクもフロントは185mmのディスクローターにしています。

なーんてことを実践していたら、すでにまとめている方々がいました。やはり考えることは同じなんですね(笑)。
balloonbikes.com

とにかく、1台だけしか持つことができないなら29erをお勧めします。
街乗りからツーリング、オフロードまで1台で全部イケます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター