世界戦 追憶編3

世界戦メモリーズ 第3弾。

今回は「印象に残った女子選手」の巻。

筆頭はガンリタ。

やはり別次元の速さだった。
彼女の走りを見ていると、他の選手が止まっているぐらい遅く見える。

wc-26.jpg

トップを快走中のガンリタ。後ろはメカニックのバスマン白井氏。
それ以外にもう一人、個人的に気になった選手がいた。

wc-27.jpg


一見して彼女が誰だか分かる人は、かなりツウと思われる。

彼女の名は、マーガ。
そう、元世界チャンピオンのマーガリータ・フリャナ(スペイン)である。

一世代前の選手という感は否めないが、全盛期はキュートな笑顔にやられたファンも少なくないはずだ(実は私もファンだった)。
彼女は極度の飛行機嫌いだったため、北米のワールドカップに参加せず、シリーズチャンピオンを逃したという経歴を持つ猛者だ。
そんな彼女が、スペインから飛行機に乗ってニュージーランドに来ていることが最初の驚き。
ショートヘアーにして、少年のような面持ちになっているのも驚き。
それ以上に驚きなのが・・・

彼女の画像を拡大して見た人は分かるだろう。




見た?






拡大してみると・・・
wc-28.jpg

スゴイ脚ダ!

トッププロの醸し出す威圧感を肌で感じた瞬間だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター