こどもチャレンジ

せっかくのMTB大会なので、キッズクラスだって本格的に。

s_SDI0506.jpg
一本橋なので、一本矢印。 ※小学校クラスのみ使用します。

その名も「こどもセクション」
落ちてもなんてことはない高さだけど、できれば落ちたくない。
迂回路もあるけれど、ちょっとチャレンジしてみたい。
こどもにだって、選択肢があっていいじゃない。

「自分の行く道は、自分で決めるよ!」

そんな声が聞こえたら、お父さんお母さん、泣いちゃうかも。

ハラハラ、ドキドキ、親もチャレンジ。
ココを通らなきゃダメだ、とか、失敗したときに「あ゛~」って言わないことにね。

迂回してもいいじゃない。
今はまだ、機が熟していないだけ。
そのうち、「また今度、あの一本橋にチャレンジしたいから連れてって!」って言われる方が嬉しいでしょ?

だから本当は、「おとなセクション」かもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

スタートリストの事前公表について

ご質問者様

当ブログにご訪問くださり、ありがとうございます。
大会業務に奔走しており、先ほど3日ぶりにPCを開きました。お返事が遅くなり、たいへん失礼いたしました。
スタートリストですが、今回の私どもの立場は主催者であり、スタートリストの決定・公表権限を持ちません。
(権限はコミッセールにあります)
もし事前にお話を伺っていたとしても、ご希望にお応えすることは難しいかと思います。
大変残念ですが、ご理解を賜れればと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター