MTBの学校 2時間目

さてさて、毎月1回やっているMTBの学校ですが、今回は2時間目ということで前回よりも内容を少し発展させました。

_DSC1678.jpg
まずは、サドルからおしりを上げる練習!

子ども達にとって、ペダル水平+サドルから立ちあがるっていうのは、思った以上に難しい課題です。
チョンチョン漕ぎにして、すこしづつ覚えていきます。

_DSC1664.jpg
こうやって立つんだよ~ みんな真剣なまなざしです。

_DSC1642.jpg
今度は、その技術を使って下りコーナーの練習。じゃないと「腰を後に引く」ってことができないんですよね。
スイッチバックが走れれば、ほぼどんなコーナーでも回れるようになります。

そしてさらに、「ペダル水平+立つ」を身体にしみこませるため、パンプトラックでしっかり遊びました~
この公園の良いところは、グラウンドとパンプトラックが隣接しているところ。
まずは平坦なところで練習して基礎を覚え、それから応用という感じで流れがスムーズです。

さて、今年からは大人クラスも開催していますが、今回は中学生が参加!
「何を覚えたい?」と聞いたら「ウィリー!」と即答。やっぱりカッコイイしね。それ大事。
なので、1時間みっちりとウィリーの練習をしました。

_DSC1736.jpg
まずは理屈の説明から。これぐらい上げるんだよ~の図。

_DSC1745.jpg
悪い見本。腕で前輪を上げようとしてます。

_DSC1756.jpg
良い例。腕が真っ直ぐ伸びて、ハンドルバーにぶら下がる感じです。
重心が後輪の車軸より、うしろに行くことが大事です。

_DSC1751.jpg
少しずつ上がるようになってきました!
最初から腕が伸びているので、きっと1週間もしないうちにマスターしてしまう気がします。

どれだけDVDやネットで勉強しても、やはり自分の目で生の動きを見るのとは違います。
本当の技術は、ぜひご自身の目で確かめて欲しいです。

ちょっと受けてみようかな?と気になっちゃったあなた!
MTBの学校では1回だけのエントリーも可能です。
ご参加をお待ちしております。

今後の予定
12/20(土)、1/17(土)、2/14(土)
子どもクラス10:00~11:00、大人クラス11:00~12:00
場所:三重県多気郡多気町丹生 勢山荘横グラウンド
参加費:子ども800円/回、大人1800円/回、親子ペア2300円/回
(参加当日、受付係にお支払いください)

詳細については地域資源バンクNIUまでお問い合わせください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター