通勤ライドと通勤ライト その1

goldlight01.jpg


今日からゴールドプロジェクタービームランプ(長いので以後ゴールドに省略)の改造に入ります。
なぜ改造するかというと、標準状態ではロードレーサー用のハブダイナモ端子に接続できないからです。
#シティサイクルのハブダイナモには無加工で取付けられます。

形はシティサイクル用なので丸っこい感じです。色は一応ゴールド(?)ですが、どちらかと言えばメタリック黄土色という印象です。
アナハイム・エレクトロニクス製ならもっと金ピカだったはずです。残念。

goldlight03.jpg

正面から見るとこんな感じです。
名前に「プロジェクター」と付くだけあって、レンズ状になっています。内部が拡大されて見えています。
明るさにも期待できそうな感じです。
goldlight02.jpg

裏から見るとこの様になっています。
穴から延びている線がプラス、マイナス(グランド:GND)は内部で取付けステー(写真の金属部分)に接続されています。
これはフロントフォークが鉄系の導電性素材でできている場合のみ有効で、アルミやカーボンフォークではハブダイナモの端子に直接導かなくてはなりません。
なので改造(というか加工)が必要なのです。

中央の丸い穴は明るさセンサーの窓です。ここをテープ等で塞ぐと常時ON状態になります。恐らくcdsが付いているのでしょう。

1WのLEDが付いているようですので、放熱用の穴が前後にあいています。
正面から見た様子(2枚目の写真)では、日亜のJupiterか何かが使われているようです。

外観チェックが終わったところで、次回からは解体作業に入ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アナハイム・エレクトロニクス社

私の奴をアナハイム・エレクトロニクス社に出しましょうか?
個人的にはスウィネン社に出して水陸両用にしたいのですが.

強化タイプのライトですので、使用許可をムラサメ研究所からとってください。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
●株式会社 地域資源バンクNIU 取締役兼CTO
●中京大学人工知能高等研究所 研究員
●博士(体育学)
●2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
●2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター