FC2ブログ

フィッティングの例

昨日はフィッティングのお客様が来て下さいました。

今回は、フィッティングもさることながら、GTローラーの体験試乗をしてみたいとのこと。さっそく乗っていただきました!

s_DSC7456.jpg
身長の高い方で、乗っている姿がとてもカッコ良いです。うぅ、自分もあと5cm身長が高ければ・・・(涙)

GTローラーに乗りながらじっくりフォームを見させていただくと、どうもサドルが高い感じがします。調べてみると下死点に到達したときの膝の角度が一般的な角度よりも10度も浅い(脚が伸びてしまっている)のがわかりました。最初のカウンセリングで「膝に痛みを感じることがある」とおっしゃっていた理由は、どうやらそこにあるのかも知れません。サドルの前後位置もやや後ぎみでしたので、クランクが水平の時に斜め前方へ蹴り出す感じのペダリングになってしまっていることがわかりました。これではパワーの無駄使いになってしまいます。結局、この日はサドル高を10mm下げ、サドルの前後位置も11mm前進させて様子をみることにしました。通常は5mmぐらいしか調整しないんですが、これだけ激しく動かす必要があるほど無理のあるポジションだったと言えます。

しかし、今回のフィッティングで、どうしても腑に落ちないことがありました。
前日にセンターがぴったり出るように調整したはずのGTローラーで、どうしても後輪がセンターにきません。

20171205-02.jpg
GTローラーのフレームセンターに対して、左側(向かって右側)に後輪がずれています。

常に右足の踏み込みが強く、後輪が左に寄るんだろうか?
身体のひずみで、バランスが左に寄っているんだろうか?
・・・いろいろ考えてみましたが、試しに後輪を変えてみることにしました。使ったのは私の後輪、つまり前日の調整でぴったりセンターを出すために使ったホイールです。

20171205-01.jpg
あれ、センターにきてるっぽい・・・? (撮影位置の違いである程度の誤差があるのはご容赦ください)

もしやと思ってセンターゲージをあてて見ると、なんと後輪のセンターがずれていました!
そんなことまで検出してしまうなんて、すげーぞ、GTローラー!

すばらしくマルチに使えるGTローラーですが、試乗はもちろん無料です。下記までお気軽にお問い合わせください。
地域資源バンクNIU 0598-49-4800 e-mail: niu-info◆ma.mctv.ne.jp (◆をアットマークに変更してください)

キャンペーン実施中!
弊社でGTローラーをご購入いただいた方には、フィッティングとペダリングスキル診断・アドバイスを1回サービスいたします。詳しくは弊社までお問い合わせください。
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター