FC2ブログ

適正サイズのシューズ選び

出展2日間で20人ほどの方々がペダルレーザーを体験してくださったが、90%ぐらいの方が大きすぎるシューズを履いていた

「シューズが大きいと何がまずいんですか?」

答えは単純。クリートを適正な位置に固定できないため、ペダリングパワーをロスするのだ。
さらっと書いているけれど、ここの調整が自転車に乗るうえで一番重要。あなたのパワーはほぼすべてペダルから入力されるので、ここがずれていれば、パワーの無駄遣いになる。それが1踏みあたり、わずか1Wのロスだったとしても1ライドで考えれば莫大な量のパワーロスになる。

たとえば、100㎞のライドを平均時速25㎞で走ったとしよう。所要時間は4時間。ケイデンスは平均で80rpm(回転/分)だったとすると、80rpm × 2回(左右の脚で1回ずつロス) × 4時間(240分) × 1Wのロス = 38400W…おそろしい数字だ。

クリート位置が不安になってきたあなたのために、クリート位置を簡単に確認できる方法を紹介したい。まず、シューズの上から母趾球の位置を確認し、シールを貼る。この場合は円の中心が母趾球の中心。
_DSC5044.jpg

次に、クリートについているペダル軸の中心を示すラインと比較する。ほとんどのクリートに「ここがペダル軸ですよ」というマークがついている。SPDなどのMTB系ペダルの場合は、クリートの中心がそれだ。
_DSC5045.jpg
わかりやすいように、白く線を引いてある

これが一致していればOKだが、3㎜以上も離れているようならクリート位置が合ってないと思ってよい。

さて、あなたはクリート位置が合っていないことに気づき、調整してみようと思った。ところが、クリートがこれ以上前に出ない…その場合の原因は2つ考えられる。

1つはシューズが大きすぎる。シューズの中で足が前に寄っているために、相対的にクリートが後ろになってしまっているケース。今回診た中では、圧倒的にこのパターン。

もう1つは、クリート固定用のねじ穴が、かかと寄りにあるケース。これはメーカーによってかなり差がある。シューズのフィット感はすごく高いけれど、ねじ穴の位置が日本人にはかかと寄りすぎる、というメーカーは少なくない。

これをペダルレーザーで「見える化」して、あなたの足、シューズ、クリート位置をトータルで解決するご提案をしています。
スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター