FC2ブログ

第8日 MTB選手もハロンがけ その1

本日は朝から雨が強く降っていたため、予定していたBMXコースでの練習から、室内練習に切り替えた。

午前中はトラック競技の経験があるものとない者に別れ、別々に練習を行った。自分は日本でのトラック競技の経験があったので、早速UCIのトラックで走らせてもらえるという幸運に恵まれた。

UCI-track02.jpg
UCI室内に設置されている木製トラック。1周は250m。

続きを読む

第7日 レースの反省とアクティブリカバリー その2

その1の続き

私にとっては退屈だった栄養の講義も終わり、リカバリーライドに行くことになった。

リカバリーライドは、2列になってローテーションしながら、1.5時間ほど25~26km/h程度で平坦な舗装路を流すという物だった。

続きを読む

第7日 レースの反省とアクティブリカバリー その1

本日はレース翌日なので、コーチは10時、選手は11時に集合してミーティングを行なうという設定になった。
いつもは8時集合だったから、かなりのサービスだ。

といっても宿舎の朝食時間に変更はないので、いつも通り起きなければならない......

コーチミーティングでは今後の1週間で何を実施したいかの意見交換が行われた。
主な意見は次のとおり。
1.女子選手と男子選手の鍛え方の違いについて。
2.シャンタル自信のトレーニング方法について。

続きを読む

第6日 Local XC Race その3

その2の続き。

やっとのことで補給地点へ到着。

スタッフ用補給食(?)のサンドイッチを食べ、フィーディングに備える。

ほどなくして選手がやってきた。
トップはBMC(自転車メーカー)所属のプロだ。

robert.jpg
アイルランドのロバート。彼はコーチだが、パワフルな走りでかなり速い。結構いい年のオジサンとは思えない体型だ。

続きを読む

第6日 Local XC Race その2

その1の続き。

レース前のミーティングも軽く済ませ、各コーチは仕事を始めた。
とは言っても、日本のそれと大差はないようだ。

massage.jpg
スロベニアのLukaコーチとDarinka選手。レース前のオイル塗り。

他にはタイヤ交換をしているコーチがいた程度である。

続きを読む

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター