FC2ブログ

超スロー

ビワイチで有名な滋賀県から、10名超の皆さまが体験・視察で来訪。

ここのところ、しまなみといい、ビワイチといい、

「サイクルツーリズム先進地域が、なぜうちに?」

と首をかしげながらも、ご要望に応じたオリジナルツアーを企画した。

午前中のテーマは、地域の名士、西村彦左衛門が作り上げた「立梅用水(たちばいようすい)」を体感するツアー。この用水は現役で使われているが、完成は1823年(文政6年)。日本史でいうと、シーボルトが長崎の出島に降り立った年らしい。とにかくそれぐらい長~~い歴史がある。

s_DSC4425.jpg
ツアーのスタートは、紙芝居から。

このツアーの特徴は5キロを2時間かけて回る、超スローなサイクリング。200km近いビワイチの方々から見れば、ある意味で驚異的なスピードに違いない。

s_DSC4431.jpg
車はおろか、人もほとんど通らない道を通り・・・

s_DSC4456.jpg
抜けた先には、豊かな田畑を眼科に納める。一つのストーリーを、自分の五感でなぞらえる。

**********

午後からは、ちょっと脚を伸ばした特別テーマ「自転車のまちづくりを体感」ツアー。多気町と一緒に取り組んだ自転車のまちづくり、うっかり巻き込まれてしまった人々、しっかり商品開発したお話を伺いに、下出木材さんを訪問。この日のために10人オーバーでも大丈夫な超ロングサイズの宿輪木を用意してくれていた。ありがとうございます。

s_DSC4472.jpg

「ちゃんと面取りしてあるから!」

笑いながらサラっと言うけれど、その細やかな心遣いが「宿輪木」クラウドファンディングで好評だったkirinにも生きている。宿輪木は気がつけば累計800本を販売。しっかりビジネスにもなっている。


最後に訪れたのは、中学校。

「多気町で一番自転車に乗っているのは、実は中学生じゃないの?」

との気づきで始まった中学校とのコラボは、今でも進化中。担当の先生が、わざわざこの時間のために調整し、パワーポイントまで準備してくださった。

s_DSC4475.jpg
地域の課題に学生たちと一緒に向きあうことで、どんな効果・影響があるかを説明してくれた。

ツアー終了後、 参加された方々からは

「どうしようかと悩んでいたところだったけど、明日からのヒントがいっぱいありました」

「学びがいっぱいで、しかも楽しかった!」


という嬉しいお声をいただいた。

ご協力いただいた地域の皆さんに心からお礼申し上げます。

プライベートレッスン

ここのところ、プライベートレッスンのご依頼を多くいただく。ありがとうございます。

privatelesson4.jpg


この日は小6と中1のジュニア男子とロード練習。ジュニア期はフィジカルよりもペダリングやダンシングなど、脳と身体の連動性を高めることが大事。先日、コーチ研修で福島晋一さんにお会いしたときに

「フランスではジュニアをどんな感じで育てているんですか?」

とお聞きしたら

「本気で競技を始めるのは14歳ぐらい。それまでは(自転車以外に)3種目ぐらいやってますね」

「まさにそこですよね!」

と、思わず声が大きくなってしまった。

思春期まではフィジカルではなく、基礎テクニックを徹底的にマスターすること。そして1種目に偏らない、多様な運動をすること。たいていの大人はフィジカルが発達するのは思春期ぐらいからってことを知っているはずなのに、なぜか小中学生のうちから心拍トレーニングだ、パワーメーターだ、となぜか「大人のメニューをスケールダウンしたもの」をやらせたがる

この日はまず、MTBの学校で1時間遊んだ。彼らはロードレーサーなのに、MTBで遊ぶ。スイスではジュニア期までロード、トラック、XC、DH、トライアル、CX、BMXなど、一通り全部経験させておいて

「今後、君が専門的にやりたいのはどれ?」

って絞るそう。これ、UCIへコーチ研修に行った時にさんざん指導された内容。

テクニックレベルが高い選手の、フィジカルが強化されるといちばん強い。CXで全日本チャンピオンになった前田公平選手は、その典型例だと思う。MTBナショナルチーム合宿の時から高いテクニックを見せていたけれど、近年フィジカルが強化されて

「やっぱり来たか~」

という感じ。ちなみに、この動画は2015のMTB代表チーム合宿の様子。走っているのは、まさに本人。
https://www.facebook.com/mtbjpn/videos/899968006715245/

ほどよくMTBで遊んだあとに、ロードに乗り換えて2時間のロードワーク。運良く(?)強風だったので、echeronのお勉強日和。echeronていうのは、下記の動画がわかりやすいので参考に。


3人だとチト寂しいけれど、いちおう斜めに組めている。
privatelesson3.jpg
斜めに組むことだけでなく、道路がこの先どっちに曲がっているかを見て、風下はどちらになるかを考えながら走ってもらう。実は、鍛えているのは運動能力は情報を収集して分析する能力で決まる

のぼり坂に入ればダンシング。自分が傾かず、重心の真下でペダルに体重を載せられている。
privatelesson1.jpg

反対側もきれいに振れている。この生徒さんは何度も通っていただいてるので、どんどん上手になっている。
privatelesson2.jpg


次回は3/9に小6~高3のジュニア対象のロード練習をする予定。興味のある方は下記からご連絡ください。
flascoプライベートレッスン詳細

しまなみ行脚 ディープ編

「しまなみ海道の魅力は、ブルーラインだけではない」
同じ講演の登壇者だったMr. Paul Walshはそう言った。
これには自分もまったく同感。ブルーラインは推奨ルートを示してくれているので迷わなくて済むが、迷うのが旅の醍醐味であることを、多くの人は知っている。そこにあるのは、出会いやふれあい、知識や心の充足。

しまなみ海道ファンの方には大変申し訳ないが、海沿いの道は日本中どこにでもあり、景色は微妙に違えど、大差ない。私の住む三重県だって、伊勢・志摩・鳥羽といった風光明媚な海岸線がたくさんあるし、海の上を渡る橋だっていくつかある(島ではなく湾にかかる橋だけどね)。

ブルーライン以外にも、もっとすごい価値・資源があるはず・・・そんな思いを馳せながら、「しまなみ海道」「ゆめしま海道」を走ってみた。

たとえば橋。しまなみ海道で橋を渡ると、海の上を走れることに感動してしまいがちだけど、多々羅大橋は斜張橋(吊り橋の一種)では日本一の長さを誇るって聞いてから渡ると、もっと楽しい。
DP2M0236.jpg
柱の間隔は890mで、世界第4位。完成当時は世界1位だったそう。

例えばフェリー。島の人には日常の風景かもしれないが、旅人にとっては異空間。たった5分の航海中、地元のおばあちゃんが
「あんたらどこから来たん?」
に始まり、
「これ、うちの爺ちゃんが作ったの。旅の思い出にどうぞ~」
sIMG_20190215_103806.jpg
根付けみたいな?キーホルダーをもらいました。
サイクリストは基本止まりませんからね。橋だけを走っていたら、こんな素敵な出会いは、きっとなかったと思う。

そんなノリで、ブルーラインを外れ、ふらふらと。
IMG_20190216_145533.jpg
昭和の香りがプンプンするサイダー屋。久しぶりの瓶ラムネ。瓶が貴重になっているらしく
「ここで飲んでってね」
とばーちゃんが言えば、
「今日は寒いけ~、全部飲むの大変じゃろ!わははは!」
とじーちゃん。

山の中にひっそりとある、チョコファクトリー。
DP2M0275.jpg
超個性的な味。カップまで個性的。ホットチョコレートではなく、ホットカカオミルクをチョイス。初めての味。


今回の講演で私が提示したキーワード

「自転車を楽しむため」の旅
 と
「旅を楽しむため」の自転車

似ているようで、まったく違う。

しまなみ行脚

しまなみ海道、サイクリストなら誰もが知る場所。

DP2M0236.jpg
しまなみと言えばここ、サイクリストの聖地碑。

今回はしまなみジャパンさんからお仕事をいただいたので、改めてしまなみ海道を深掘りさせていただいた。お仕事の前、まずは「ゆめしま海道」を走る。定番のメニューよりも、裏メニューから攻めるところが「やっぱり自分はアマノジャクだな~」と思う。えぇ、自認してるんだから許して下さい。
IMG_20190215_091328.jpg

実は「ゆめしま海道」と「しまなみ海道」は接続していないので、そこへ辿りつくにはフェリーしかない。でも、このフェリーがたまらない!ドラクエで町からフィールドへ出発するみたいな感じ。頭の中ではすぎやまこういちがエンドレスで鳴り響いている。
IMG_20190215_104207.jpg
5分で到着。自転車から離れて写真を撮ろうとしたら「すぐ着きますからね~」と教えてくれた。

コースは因島から生名島へわたり、佐島、弓削島を橋って、ふたたび因島へ戻る約10km。「ゆめしま海道」にも「しまなみ海道」とおなじく、海を渡る橋あり。こっちは一般道なので、ローカル旅行感は高い。
_D3S2034.jpg

IMG_20190221_193431_911.jpg
上弓削港の近くで1本入ると、なまこ壁。こういう風景も素敵。

それではあまりにもアマノジャクすぎるので、ちゃんと「しまなみ海道」も走りましたよ。因島から大三島まで、約25km。
IMG_20190218_093534_340.jpg
レモンの島を走ったり、

IMG_20190220_233528_979.jpg
いかにも「しまなみ」な、橋を渡ったり。

なるほど、なるほど。いろいろ感じることができて、面白かった。やっぱり、自分の脚で確かめてこその「行脚」。

出張フィッティングやってます

今が、フィッティング最適期。この時期にベースをつくっておけば、あとは練習するだけ。シーズン入ってからのフィッティングよりも、断然いま。

ということで、岐阜まで出張フィッティングへ。依頼人はインバウンド・サイクルツーリズムの大御所、(株)美ら地球(ちゅらぼし)代表の山田拓氏。昨年フィッティングを受けていただいたら
「バイクパートの平均が2km/hも上がりました!」
と驚きの結果を出した人。フルのトライアスロンは自転車だけで180km走るので、フィッティングによって最適化したあとは、する前よりも10km以上先を走っていることになる。ご本人は簡単におっしゃってますが10km先ですよ?背中が見えないっていうレベルじゃないです。

今回は2019シーズンのトレーニング開始に向けて、再フィッティング。前回と大きく違うのは、フランスから輸入したクリート調整装置を導入したこと。これで「なんとなくこの位置」から「確実にこの位置」に調整できる。
s_DSC4273.jpg

足の大きさを測る装置も導入したので、シューズのサイズが合っているかどうか、クリートの位置がちゃんと出せるかどうか、丹念に調整。

s_DSC4271.jpg
今回はシューズ交換の必要なしでよかった。メーカーによってはクリート取付穴の位置が踵に寄りすぎて、そもそも位置が出せないことも多い。

トライアスリートには、トライアスリートの助言のほうが適確。flascoは元プロ・トライアスリートの政岡美里さんと連携しているので、トライアスリートの疑問・質問にも対応できる体勢をつくってある。

s_DSC4280.jpg
チームTAKU!

外ではウグイスが鳴き始めた。シーズンインは近い。
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Nishii Takumi

Author:Nishii Takumi
○株式会社 地域資源バンクNIU 取締役
○サイクリストの秘密ラボ・flasco主宰
○博士(体育学)
○中京大学人工知能高等研究所 研究員
○2008北京オリンピックMTB日本代表チーム 監督
○2010ユースオリンピック(シンガポール)・2014ユースオリンピック(南京) 自転車日本代表チーム 総監督

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カウンター